フエルモールご利用規約 フエルモールへのお問い合わせ

母の日の由来

母の日の由来

古くは古代ギリシア時代からあったと言われていますが、現在のものとなったのは、20世紀初頭 アメリカが起源といわれています。
1905年5月9日、アンナ・ジャービスという人の母親が亡くなりました。 やがて彼女は、「亡き母を捧げる」という気持ちから、1908年5月10日、フィラデルフィアの教会で、 母が好きだった白いカーネーションを配り、捧げました。
これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。 この風習がアメリカのほとんどの州に広まりました。 そして1914年、その時のアメリカ大統領だったウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定しました。

日本での母の日

5月の第2日曜日。ということはアメリカのしきたりにそっている、ということですね。
日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃で、1915年(大正4年)に教会で祝われ始め、 徐々に一般に広まっていったと伝えられています。
昭和に入ると3月6日を母の日としていました。 この日は当時の皇后の誕生日であったそうです。
現在のようになったのは、戦後からと言われています。

母の日の花

母の日といえば、やはりカーネーション。定番過ぎるってて考えてしまう人もいるかもしれないけれど、 由来としきたりを考えれば、それも一理あります。
でも、毎年カーネーションばかりっていうのもつまらないですよね。 もともと「母の捧げる愛」を象徴したのがこのカーネーションですので、赤だけではなく他の色にしてみるとか、 花言葉を調べて、それに合ったお花を 贈る、なんていうのも粋ですね。

このページのTOPへ