フエルモールご利用規約 フエルモールへのお問い合わせ

花を贈る時のマナー

お祝い・記念日などの花

明るい花ならなんでもOK 。相手の好きな花を知っていれば、尚ベター。 開店や開院のお祝いは、スタンド花や胡蝶蘭がオススメです。もちろんアレンジメントでもOKです。 誕生日や記念日などは、傾向としてみると「花束」の割合が多いです。

お見舞いの花

1. 最近の傾向
お見舞いの場合、花瓶のことを考えなくて済む「アレンジメント」タイプのお花がよく使われます。 患者さん御本人や付き添いの方へよけいな手間をかけさせない思いやりが感じられます。

2. 鉢植えではないお花を
「根付く」→「寝付く」を連想させると、よく言われています。

3. 香りの強い花はNG
香りの強い・弱いは好みもありますし、別の患者さんにご迷惑をかけることも考えられます。

4. 花粉の多い花
ユリなど花粉が多いものはきちんと取ってから作る事が大事です。 病室の空気を汚してしまうことがあるからです。

花を贈る時のマナー

1. 近年の傾向
一般的には菊・ユリが主流でしたが、最近は個人が好きだった花などや、色味を少し入れたものなども増えてきました。

2. 子供さんや若い方への場合
淡く優しい色合いで、洋花で、というご要望が増えてきています。年代に関わらず、「風習などにとらわれない、失礼にならないお花」をもとめる傾向が増えているのも事実です。

このページのTOPへ