フエルモールご利用規約 フエルモールへのお問い合わせ

花の色の効果

色の効果です。お花の色を選ぶ時の参考にご活用ください。


White
「清純さ」や「純粋さ」を象徴する白は、協調性もあり最も使いやすい色と言えるでしょう。落ち着きたい時や新しいことを始めたいときに取り入れると効果的です。 血圧を安定させる効果もあるので、体調の良くない時に飾るのも良いでしょう。 また、食欲をおさえる効果もありますので、ダイエットにもむいています。

Blue
理性を象徴する青は、鎮静効果の強い色といえるでしょう。
高ぶった神経を抑えたり、自律神経のバランスを整えます。
寝室に飾れば安眠効果も得られます。

Red
大脳を刺激する働きがあるので、血行促進や食欲増進などの効果がえられます。
積極的な行動をしなければいけない時や、朝一番でしようする洗面台に置くと
低血圧の方には 効果的です。もちろん、情熱を伝えるのには一番の色ですね。
ピンク
Pink
幸福や優しさをイメージさせるこの色は、癒しの効果がNO.1です。
失敗して落ち込んだときなど、一輪だけでも励ましてくれます。
中間色なので飾る場所は問いませんが、リビングや寝室などで
他の色と一緒に飾るのがベターです。

Violet
青と同様「抑える力」が強いのがこの色の特徴。
とはいっても赤と青からなる色ですので、バランスを考えて選ぶことが重要です。
書斎や寝室などに飾るのが良いでしょう。

Green
穏やかさの象徴。本能的に安心する色でもあります。
赤の補色であることから疲れ目のかたやリラックスしたい方にオススメです。
バスルームやリビングがよいでしょう。

Yellow
自律神経を刺激し、胃腸の働きを活性化。排便を促す効果もあります。
目覚めを良くし、元気が出る。 不安や孤独感に対して希望や賑やかさを感じさせます。
このページのTOPへ