他店(Amazon/楽天市場)より値段が高い場合はお申し出下さい。値段対応を検討します!
お気軽にお問い合わせくださいませ

商品数:0点

合計:0円

フリーワード検索

 

絞り込み検索

規格について


商品ページに掲載されているマークの説明です。

分類マーク一覧

マーク説明
金庫内の耐火時間
→試験内容を見る
金庫を加熱後、落下させたときにロック状態を保てる。
→試験内容を見る
金庫を急加熱して、爆発・破裂しない
→試験内容を見る
破壊行為を想定し試験に合格しています。
→試験内容を見る
衝撃や振動、傾きを感知する警報装置を搭載
60kgを超える商品については、車上渡し※(配送車の荷台の上でのお引渡し)となります。設置費用のお見積りが必要です。
60kg未満の商品については、近くに配送車が停車可能な場合は玄関渡しとなります。
約20センチの水中に置いた時の耐水性
→試験内容を見る
フタ上約5センチの水中に製品を沈めたときの防水性
→試験内容を見る
メディア(CD/DVD/USBドライブ/フラッシュメモリ、MP3)の耐火
→試験内容を見る
金庫を傾けたときに警報が鳴ります。
扉を閉めるとハンドルが自動で上がりカンヌキが突出する機構を搭載
収納可能な用紙サイズ

規格一覧

規格ETL規格
世界最大級の試験認証機関「Intertek」により試験認定を証明する安全認証マークです。

SP規格SP規格(SP Technical Research Institute of Sweden)
SPスウェーデン国技術研究所で、安全認証を行なっています。
UL規格アメリカに本拠地を置き、1世紀以上に渡り、製品の安全試験を行っている独立製品安全認証機関のUnderwriters Laboratories Inc.(UL)が製品の安全性を認証した事を表すマークです。
JIS規格第三者の登録認証機関(財団法人 建材試験センター)によって『製造工場の品質管理体制の審査』と『製品のJIS適合性の評価試験』がおこなわれ、製品の品質を保証する適合と認められた製品のみJISマーク表示が許されています。
TS規格バールによるこじ開けや簡易工具・電動工具による金庫へ破壊攻撃を想定した防盗試験に合格したマークです。

TL規格バールによるこじ開けや電動工具、ガスバーナーを利用した溶断による金庫へ破壊攻撃を想定した防盗試験に合格したマークです。

規格マーク一覧

一般用紙耐火熱
【JIS一般紙用標準加熱試験合格マーク】

•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が177℃以下であること。
•庫内に設置した新聞紙の変色、劣化が著しくなく判読できること。 
フレキシブルディスク用
•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が52℃以下及び内部湿度が80%以下であること。
【UL一般紙用耐火試験合格マーク】
•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が177℃以下であること。
フレキシブルディスク用
•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が52℃以下及び内部湿度が80%以下であること。
【ETL一般紙用耐火試験合格マーク】
•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が177℃以下であること。
デジタルメディア用
•CD/DVD/USBドライブ/フラッシュメモリ、MP3が保護されていること。
【SP一般紙用耐火試験合格マーク】
•加熱試験中及びチェック時に、庫内温度が150℃以下であること。
メディア耐火熱
【ETL2時間・1時間・30分デジタルメディア耐火テスト】

2時間デジタルメディア耐火テストは、2時間で1010℃まで加熱します。
1時間デジタルメディア耐火テストは、1時間で927℃まで加熱します。
30分デジタルメディア耐火テストは、30分間で843℃まで加熱します。
その際デジタルメディア(CD、DVD、USBドライブ、フラッシュメモリ、MP3プレーヤなど)を保護されなければなりません。
【JIS一般紙用標準加熱試験合格マーク】 
フレキシブルディスク用
•加熱試験中及び炉内冷却中、庫内温度が52℃以下及び内部湿度が80%以下であること。
耐水性能
【ETL耐水性能テスト】

約20センチの水中に製品を24時間沈めた場合の耐水性が認められなければなりません。
防水性能
【ETL防水性能テスト】
<
フタ上約5センチの水中に製品を沈め1時間後に引き上げた後、
重量の変化(=金庫内部に浸水した水の総量)が0.5グラム未満でなければなりません。(QA0110、QA0121は製品を水中に沈め24時間経過後に製品を引上げ、庫内に浸水していないことが検証・認定されています。)
爆発
【ETLの爆発テスト】

金庫を10分間760℃の炉内で急加熱しますが、爆発・破裂しないことが必要です。
【ULの爆発テスト】
1093℃の炉内で20分間急加熱し、爆発・破裂しないことが必要です。
UL認定を受けた全てのセントリー製品は、UL爆発テストにも合格しています。
落下衝撃
【ETL落下衝撃テスト】

30分間で843℃まで加熱した後に、4.5mの高さから瓦礫の上に落下させ、冷却し、逆さまに置き換え、再度30分間で843℃まで加熱します。
テスト後、外形がそのまま保ってロックされており、保管庫内部の温度が177℃以下に保たれなければなりません。
【UL落下衝撃テスト】
30分間で843℃まで加熱した後に、9.1mの高さから瓦礫の上に落下させ、冷却し、逆さまに置き換え、再度30分間で843℃まで加熱します。
テスト後、外形がそのまま保ってロックされており、保管庫内部の温度が177℃以下に保たれなければなりません。
耐破壊
【TS 耐破壊性能試験】

金庫破りでも最も多い手口である短時間での「扉のこじ開け」破壊行為を想定し、バールや金切りノコなど特定工具による15分間、丁番軸を切断し、扉と扉枠のすき間を大きくすることで扉の開放を試みる試験に合格しています。

【TL 耐工具防盗試験】
電動工具や簡易工具による破壊行為を想定し試験に合格しています。
【TRTL 耐熔断・耐工具防盗試験】
ガス熔断器や電動工具による大掛かりな破壊行為を想定した最高位の試験に合格しています。


このページのTOPへ