フエルモールご利用規約 フエルモールへのお問い合わせ
みなさまから寄せられたご質問やよくあるお問合せなどにお答えいたします。
下記の知りたい内容のタイトルをクリックしてください。[ 全件数:7 件 ]

○ お客様登録カードの差出有効期間が過ぎているが?
○ 新基準と現行基準の違いは?
○ 適合表に出ていないチャイルドシートの車種適合は?
○ 乳児に使用する時、子供が「くの字」になるが大丈夫か?
○ パミオデビューとピピデビューの違いは?
○ 知り合いから古いチャイルドシートをもらったが、大丈夫か?
○ チャイルドシートが車種に適合するかどうかわからない(適合表に車種が出ていない)。

------------------------

クエスション
お客様登録カードの差出有効期間が過ぎているが?

アンサー
「お客様登録カード」の差出有効期間(料金受取人払)が過ぎていても切手不要ですので、そのままポストへ投函して頂いて結構です。

------------------------

クエスション
新基準と現行基準の違いは?

アンサー
2006年10月1日より、新基準(ECE R44/04 ヨーロッパ基準)が施行され、2012年6月30日までが、現行基準(2000年基準)から新基準への移行期間となっています。
新基準と現行基準の違いは、以下の表の通りです。


※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

------------------------

クエスション
適合表に出ていないチャイルドシートの車種適合は?

アンサー
・パミオウーノ・パミオクリン・パミオクリンVIP
⇒他のパミオデビューシリーズと共通です。

・ピピデビューカラーズ・その他ピピデビューシリーズ
⇒ピピデビューⅢと共通です。

------------------------

クエスション
乳児に使用する時、子供が「くの字」になるが大丈夫か?

アンサー

当社のチャイルドシートは、一般的な「イス型」ですので、まだ首のしっかり座っていない1歳未満のお子様にご使用される場合は「車の進行方向に対して後ろ向き」で取り付けてご使用いただきます。
これにより、衝突時の衝撃をお子様の後頭部から背中にかけての広い面積で分散させて受け止め、首への衝撃が最小限になるよう設計されております。

チャイルドシートは、万が一の衝突事故からお子様を守るための製品です。
従いまして、骨格が十分に形成されていない時期のお子様にこそ、
背面での拘束が必要である、と弊社では考えております。

なお、こうした考え方は、10年以上も前からチャイルドシートの使用を義務付けている欧米でも同様です。
いずれにしても、正常に退院したお子様が、イス型チャイルドシートの使用で障害を負ったという事例はございません。

安心してお使いいただいて結構です。

------------------------

クエスション
パミオデビューとピピデビューの違いは?

アンサー
パミオデビューシリーズは、ヨーロッパの安全基準(ECE R44/04)への適合を目標として、ピピデビューシリーズに改良を加えたものです。
両シリーズの違いの大きな点は以下の通りです。


1. 座面の高さ(パミオデビューシリーズの方がより低い)
 座面が低いものほど重心が下がり、安定しやすくなります。
2. 背もたれの衝撃吸収材の質
 ・パミオデビューシリーズ〜PPビーズ発泡
  レース用のヘルメット等にも使われる、衝撃吸収特性に優れた素材です。
 ・ピピデビューシリーズ〜チップウレタン
  クッション性に優れた素材です。

------------------------

クエスション
知り合いから古いチャイルドシートをもらったが、大丈夫か?

アンサー
明確に定められているわけではありませんが、チャイルドシートの使用期限は製造からおおよそ5〜6年程度とされております。
あまり古い製品につきましては、経年劣化している可能性が考えられますので、必ずしも安全とは断言できません。

できる限り、チャイルドシートは安全な新品のご購入をお奨め致します。

------------------------

クエスション
チャイルドシートが車種に適合するかどうかわからない(適合表に車種が出ていない)。

アンサー
当社のチャイルドシート(ピピデビューシリーズ・パミオデビューシリーズ)の取り付け基本条件を満たしている車種であれば、基本的には取付可能です。
取り付け基本条件は以下の通りです。

アンサー
アンサー

※ 座席のクッション性能により、上記の寸法でも取り付けできない場合があります。
※ 3点式シートベルト専用です
※ 車種別適合表で取り付けできない座席に該当する場合は除きます。

* 3点式シートベルトであること。
* 座面奥行きが43cm以上あること。
* 腰ベルト取り付け幅が36cm以上あること。
* シートベルトを全て引き出した状態で、全長190cm以上あること。
* 座面からバックル(受け側の金具)の先端までの長さが15cm以下であること。
* 助手席エアバッグ装着車の場合、助手席で後ろ向き(乳児用)でのご使用はできません。

ただし、一部の車種ではこれらの条件を満たしていても取り付けできない場合もありますので、一度お問合せ下さい。

車種との適合は随時調査しておりますので、販売店に備え付けの車種適合表に出ていない車種も、ウェブサイト上では掲載されている場合があります。 トップページの「適合車種を調べる」からご確認下さい。

このページのTOPへ
Copyright(C) LEAMAN All rights of republication in this page are reserved.